様々な立場とは

立場と仲介手数料

仲介業者である不動産会社には、実は様々な立場があります。
私たちは普段関わることが少ないので、どんな立場があるかというのは、あまり考える機会はないです。

一般的に馴染み深く知られているのは、やはり売主と買主の間に入り「仲介」する立場です。
売主から依頼を受け、不動産を宣伝し買主へと引き渡します。
仲介手数料は買主から不動産会社へと、売主から不動産会社へ支払われることがほとんどです。

次に、売主の「代理」の立場です。
売主の代わりに不動産を預かって、販売します。
手数料は基本的に仲介の立場と同じく発生します。

最後に「売主」という立場です。
不動産を自ら所有し、販売も行っているパターンです。
仲介せずに直接買主と取引することから、手数料は発生しません。

本当にゼロは良いのか

不動産会社を仲介して不動産を売買する際に、普通は手数料がかかります。
最近では、それを無料にしているところも多いようです。
手数料はそれほど安くはないので、無料であるに越したことはありませんが、あまり安易に考えるのは良くないと言えます。
売主や不動産会社にとっては、より契約件数を増やすための戦略です。
しかし、普通はかかるものがなぜかからないという点に、疑問を持つべきです。

手数料を無料にするためには、何らかのコストを抑えなければ、採算が取れないのは明らかです。
無理な人員削減などでコストは抑えられても、適当な対応をされては困りますよね。
不動産会社が売主という場合を除いて、そのような会社を選ぶ際は、なぜゼロになるのかということを明らかにしてからが良いと言えます。


この記事をシェアする