手数料についての知識

相場を知って準備を

では早速、不動産売買における仲介手数料の相場を見ていきましょう。
手数料には、国の法律で定められた上限や決まりがあります。
最高額がいくらまでとわかっていれば、買う方も準備ができて安心です。
ですので、不動産会社がいくらでも自由に決めて良いというものではありません。
ただ、上限ぎりぎりに設定している会社も多く、思っていたより手数料が高くなる可能性はあります。
手数料を少しでも安くしてもらえるよう、交渉してみるのも良いでしょう。

仲介手数料の上限額は、不動産自体の価格に以下の比率を掛け、消費税を足すことによって計算できます。
不動産の価格が200万円以下は5.4%、200万円を超え400万円以下は4.32%、400万円を超えると3.24%です。
例えば不動産価格が200万円なら手数料は約10万円強、600万円なら約20万円となります。

いつが支払うタイミング?

最初にも少し触れましたが、仲介手数料は不動産売買が成立してから初めて発生します。
手数料を支払う時期は、売買成立時に50%、不動産の引き渡す時に50%と分けられることが多いようです。
もちろん全額一度に払っても問題はありませんが、途中で何かトラブルがあった時に困るので、買う方としては例え一部でも無事に引き渡しが済んでから支払う方が良いですね。
支払いのタイミングに関しては不動産会社や売主によって考えが異なるので、いつどのような形で支払えば良いのか、お互いが納得するまでしっかりと話し合うべきです。

また、仲介手数料には広告宣伝費などの、他の費用も一緒に含まれているため、それ以上に請求されることはありません。
ただ、売主が新聞広告での特別な宣伝を依頼した時などは、別途費用が発生するようになっています。


この記事をシェアする