不動産売買における仲介手数料の相場

あなどるなかれ!手数料の実態

上限がわかれば怖くない!

私たちの暮らしに、なくてはならない不動産。
一戸建て、賃貸マンションやアパート、土地などがありますが、誰もが人生の中で一度は売買することがあるかと思います。
それらを売買する際には、仲介する不動産会社に対して手数料の支払いが必要です。
ただし、仲介手数料が発生するのは売買が成立した時なので、それまでは一切かかることはないということも覚えておきましょう。
不動産業界では、成功報酬と呼ばれています。
いざ売買する時になって初めて、手数料がかかるということを知ったという人も少なくありません。
しかし、あらかじめ手数料の相場を知っておくことでメリットがたくさんあるので、学んでおいて損はないです。

そもそも不動産を売買する際に、なぜ不動産会社が仲介する必要があるのでしょうか。
私たちからしてみれば、売買について理解する時に、仲介業者があると余計にややこしく感じてしまうかもしれませんね。
一番の理由としては、売主が買主に直接売ると、手間がかかるからだと言えます。
不動産の宣伝から、紹介、一通りの契約まで行うというのは、かなりの労力がいることです。
売主としては、手数料がかかったとしても知識を持った専門の業者に任せることで、不動産管理などの主な仕事の方に集中できるのが良いと考えられます。
もしすべてをやろうとして、どれかが疎かになってしまっては信用問題にも関わります。
より丁寧な対応をしてもらえるのであれば、ありがたいことです。

手数料についての知識

不動産売買における仲介手数料の相場を知らなければ、一体どれくらい用意しておくべきかわかりません。 手数料の計算の仕方を覚えることで、自分でも確認できるようになると良いです。 また、手数料には上限があり、基本的にそれ以上請求されることはないので安心してください。

様々な立場とは

不動産会社には、実は「仲介」、「代理」、「売主」という3つの立場があります。 最も多いのが、私たちにも馴染みのある仲介という立場です。 売主を除いては、基本的に仲介手数料が発生することを覚えておきましょう。 また、最近の不動産会社の中には、手数料を無料にするところが増えてきています。

大切なのは誠実な対応

不動産売買の仲介をしてくれる不動産会社には、良い会社と、悪い会社の両方があるのが現実です。 つい手数料が無料という好条件だけで選んでしまいたくなりますが、後悔しないためにも、対応の良さに重点を置いてみてください。 仲介手数料が高くても、誠実に取引してくれるところが一番です。